最後のピースに火をつけろ
飛騨在住 ゲストハウス”village" 百姓アナーキスト 牧島竜也の日記


ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS


08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | スポンサードリンク |
viva FIDEL! 〜マーケットの報告など
今日はキューバの革命記念日
このブログを始めたのは6年前の7/26
と言う事で久しぶりに更新してみようと思います

まずは参議院選挙の事を少し
結果は予想通りの自民党圧勝
しかし! 三宅洋平17万票は予想出来なかった
すごいね
新しい時代の生き方にシフトしてゆこうとしてる人達みんなの意識が、三宅洋平を生み出した
適任だと思う
あんなに上手に伝わるように話す人はなかなかいない
聞いていて気持ちいい
緑の党もいよいよ出て来たという感じ
俺達ひとりひとりの思いは、確実に新しい流れを生み出してる
みんながそれぞれの役割をしっかり果たしていけば、それは引き続き世界に反映されていくはず
注目していきたいと思う

選挙の話はこれくらいにして
間があいちゃったけどマーケットの報告
南房総在住の画家宮下昌也さんの3店舗同時展覧会の期間に合わせて開催された、小さな暮らしのマーケットat village飛騨国府
物やお金の流れも出来るだけ小さくしてゆける仕組みを作っていきたいという思いで始めたので、定期的に、少しずつ回数も増やしていけたらと思っています
宮下さんのライブペインティングに加え、郡上八幡からは、民謡歌手の井上博斗君が歌いに来てくれた

ポスティングのかいもあり、近所の人達がたくさん来てくれました

つぼちゃんが子供達のためにやってくれたろうそく作り
みんな楽しそうだった

高山で人気の宮下さん
展覧会も大好評
ネット配信してる俺の番組「独りで立って歩こう」にも出演してもらって、たくさん話も出来た。
いつも宮下さんには刺激を受ける
盛り沢山で楽しい1週間
宮下さんありがとうございました
また遊びましょう!

日付が変わりそうなんで今日はこんなところで
別にフィデルの話はしません












| 小さな暮らし研究所 | comments(0) | - | 牧島竜也 |
6/22 villageにて 小さな暮らしのマーケット開催! 詳細です
  
物もお金も出来るだけ小さなコミニュティーの中で回る仕組みを作っていくべく、小さな暮らしのマーケットを開催します。
当初はオーガニックマーケットとして話を進めていたのだけど、初めからそこにこだわり過ぎるとと敷居が高いという事で、タイトルにオーガニックを入れるのはやめました。
けど、実は小さな暮らしという言葉に全ては集約されてるんだけどね。
小さくてオーガニックな繋がり
小さな循環
これをしっかり作りつつ、オーガニック革命を推進していければと思います。

場所は「village」 高山市国府町宮地1007番 牧島邸
9時スタート 入場は無料です
朝は出店が少ない可能性有りです

出店は今の所以下の通り

「あわわ」  いつもアイディア満載のマクロビ料理でみんなを楽しませてくれるさゆりちゃん。 酵素玄米定食、もしくは丼物? ベジバーガーも出るのかも。 

「pigs in a straw house cafe]  高山で浅川マキを聞く会というマニアックなイベントを主催している省吾。 いつかカフェをやりたいという夢が早速かないます。 有機コーヒー、カフェオレ、チャイを出してくれるようです。

「ウミワハハ」  ウクレレシンガーとしてもお馴染みのウミワハハは、パンやピザのような軽食を用意してくれるようです。 

「pua keiki asako]  あさ子ちゃんも冷たい飲み物など出すと言ってはりきってます。 陶器の作品や、服も出します。

「SHINZOU」  履き心地の良いスウェット地タイパンツで人気のSHINNZOU。 古着なんかも持って来てくれるかも。


ライブ出演は今の所以下の通り

「宮下昌也」  今月23日まで、高山で3店舗同時展覧会、高山漫遊展を開催中の画家宮下さん(from千葉南房総)が、この日もライブペインティングをやってくれます。 15日のオープニングパーティーでの、ライブペインティング with モーフの旅でも楽しませてくれましたが、今度は1日かけてなので、また違った感じになると思います。 展示の方も、見てない方はぜひ! 高山ピースランド、charlie、茗荷屋でやってます。 

「井上博斗」  郡上八幡在住の民謡歌手。 作業歌や童歌など、古くから伝わる民謡を解説を交えて紹介してくれます。 午前中出演予定

「ゴロリン」  神出鬼没の宇宙食堂ゴロリン。 各地のいろんな動きに関わっています。 色々と伝えたい事があるようなので、トークもあるかもしれません。

「ウミワハハ」  出店もしてくれるお母さん代表ウクレレシンガー。 素晴らしい愛の歌です。

「Lulu lima」  今年は結構歌っているあさこちゃん。 ウミワハハとも一緒にやります。

そして「牧島竜也」でお送りします!

どこかの時間で、詩の朗読会もやります

畑には日球ドームも立つ予定

不明な点などは village 0577(72)3988 まで










| DIY | comments(0) | - | 牧島竜也 |
小さな暮らし研究所

小さな暮らし研究所が発足しました
これは3月の核融合科学研究所騒動が大きなきっかけとなりました
経済優先の大きな社会は、強引に事を進めます
改めてそれを見せつけられた一連の動きでした
反対運動は必要だと思います
動きが大きくなればブレーキになります
原発再稼動反対のデモなどは効果が出ているのだと思います
しかし、ブレーキをかけるのと同時に進めていかなきゃいけなのは、自分達が望む社会作りです
いつまでも振り回され続けている訳にはいきません
経済優先の大きな社会に反対するのであれば、自分達が望むのはどの様な暮らしなのか
今から僕らはその答えを生きていたいのです
大きな仕組みが必要無くなるくらいそれを推進していきたいのです
僕らの生き様を見せてやらんといかんのです

それぞれの持ち場があり、役割りがあり、バランスが有ります
次から次へと起こる問題に、自分はどの程度関わっていくべきなのか
これは今、この大きな転換の時にとても重要なテーマだと思います
核融合の問題も、僕なりのバランスで今後も関わっていこうと思っています
小さな暮らし研究所の方は、ホームページなど作って、発信しつつしっかり進めていくので、興味がある方は情報など交換し合いましょう
飛騨国府villageにて、5/15に第一回小さな暮らし研究会議を開くので、お近くの方は気軽に参加して下さい

それでは、希望を胸に抱き自分達の望む社会に向けて歩んで行きましょう!



| DIY | comments(0) | - | 牧島竜也 |
高山市長と話しに行った
俺が住む高山市の市長である国島さんは、3・11の後に脱原発宣言をして話題になった。
なんと市内で行われたデモにも参加してくれて、みんなの前で挨拶もしてくれた。

土岐市の核融合研究所が行おうとしている実験について、国島さんはどう考えているのか、それが知りたかった。

この騒動の問題のひとつとして俺が考えているのは、なぜ東濃3市(土岐市、瑞浪市、多治見市)と県知事だけで進めてしまうのだろうかと言う事。
実際に核融合の実験が始まって、岐阜県で核開発を進めている事が知られてくれば、欧米人観光客が多い岐阜県内全ての観光事業にもかなり影響が出るはず。

飛騨に住んでいる人は、自分も含め、岐阜県民という意識があまりなく、飛騨人という感じなので、東濃を含む美濃地方は別の場所といった感覚があるけど、外国人からしたら岐阜でひとくくりだろう。
本当は岐阜県だけの問題でもないんだけど。

国島さんは平日の朝、仕事が始まる8:30まで、市民と直接話をする時間にしている。
それならと言う事で、俺は日球君(日球ドームというのを作っている)と待ち合わせて、朝7:30、市長室に向かった。
日球君が小奇麗な格好をしていたので、俺もせめて頬の毛くらいは剃って来れば良かったと思った。
ズボンは焚き火の匂いがしてた。

他にも面会者がいたので、順番待ちののち市長室に入った。
国島さんは最初からにこにこと感じが良かったので話しやすかった。
簡単な自己紹介をして、日球君は名刺交換をしてた。
俺も名刺が欲しいと思った。

俺は単刀直入に、土岐市の実験についてどう考えているのか知りたいと言った。
国島さんの答えは、まだ勉強し始めたばかりなので、公に賛成か反対かという事は言えないとの事。
「実を言うと最近までは、別の場所の話だと考えていた」と言ってた。
正直な人だと思った。
ただ安全だと言い切れないものには、基本的に賛成出来ないとも言っていた。

岐阜県内の市長会が近々あるので、土岐市の市長に直接話を聞いてみてくれるとの事なので、期待ができる。

脱原発宣言については、かなり叩かれる事も多いらしいので、新しい時代感覚を持った人達はみんな国島さんを応援しますよ、と伝えておいた。
行く先々でうらやましがられると。

きっと国島さんは、近いうちになんらかの形で自分の見解を発信してくれるだろう。
市長に期待できるなんて嬉しい事だ。

ここ最近の抗議行動で、なかなか市民と向き合ってくれない行政との距離を感じていたのに、今度は急に身近になった。















| - | comments(0) | - | 牧島竜也 |
土岐市核融合研究所騒動 ここまでの経緯
土岐市の核融合研究所による重水素実験(核融合)について、改めてここまでの流れを報告。
  
実験の内容について、詳しい事は各自調べた方が良いと思うけど、知らない人のために簡単に説明すると 
化学反応で生まれる熱を利用して、将来的には発電に役立てようという実験で、発生する中性子の危険性や、放射性廃棄物が出続ける事が、反対されている主な理由。 
 
ここまでの経緯と言っても、俺がこの事にフォーカスし始めたのは2月。  
その時はすでに、3月中に調印して実験をする事が決定するという状況。
東濃3市、土岐市、瑞浪市、多治見市の市長と岐阜県知事の合意した後、核融合研の所長と調印するという流れだったんだけど、土岐市長、瑞浪市長はゴーサインを出していたので、多治見市の市民グループ「多治見を放射能から守ろう!市民の会」が中心となって多治見市長に対して協定書に調印しないように要請する署名を集め始めていた。
短い期間ながら、ひと月で、約2万8千の署名が集まったが、それは考慮されず、その直後に多治見市長の古川雅典は、実験の実施に同意する事を発表し、あとは県知事次第という事になった。  

3/26 「多治見を放射能から守ろう!」が県知事に対する意見書を提出するという情報が入ったので、岐阜市にある県庁に集まる事になった。 
その日集まったのは約150人。
  
意見書の提出に対応していた県庁職員の態度がひどかったせいもあって、みんな憤りを抑えられず、時々罵声も飛んだ。 

まったく相手にされそうにないと感じつつ翌日高山に帰るとその夜連絡が入った。
明日28日に土岐市役所で調印式を行うと県知事が発表したとの事。 

というわけで28日は、抗議行動に参加するため土岐市に向かった。 
効果があるとは思っていなかったけど、行かずにもいられなかった。
   
もちろんあっさり調印式は終了 ただ、実験が実際はじまるまでは2,3年猶予があるとの事なので、今後の動きを考えていかなきゃいけないという事になった。

   
調印式の後、我々数名は、実験が行われる核融合研究所を見に行こうという事になった。
行ってみると、所長が詳しく説明してくて、研究所内も見学させてくれた。
所長や研究員たちの対応はとても丁寧で好感が持てた。 

プラズマを生み出すでっかいマシンは、エイリアンに出てくる宇宙船みたいだった。 
研究所内の清潔感が、なんだか現実味を感じさせなかった。  
それこそSF映画の撮影現場のようで、でっかいおもちゃを見ているみたいだった。 

研究所を出ると、俺の昼間の熱はおさまって思考は冷静になり始めていた。 
どう考えても危険だろとは言えないし、まったく安全かは分からない。 
結局のところ安全性について言えば、俺には分からないという事になってしまった。 
今のところは。 
ちなみに、研究所の外に出る放射線量は、自然放射線量の15分の1以下との事。
これをどう捉えるか。
自然放射線が安全なのか分からないし、少量ならいいのかというところ。 
人口的に増やすような事はしない方がいいだろう。

けど、俺にとって1番の問題はそこじゃない。 
それが明確になった。
こそこそ進められた調印までの流れや、莫大な費用がかかる事。
原発に代わるのは自然エネルギーというのがほとんどの国民の認識で、国が次世代エネルギーとして核融合を考えて、莫大な費用をかけて行っている実験の事なんて、ごく1部の人しか知らない。  この期に及んで放射線を出す発電なんて誰も喜ばないよ。  
だからこそこっそり進めるんだろうけど。 
あとは岐阜県全体での核開発構想が見え隠れしている事も気になるし。
瑞浪市の超深層研究施設やカミオカンデとかね。 
そもそも俺は、自然エネルギーであっても大規模にやるのは反対だしね。 

というのが俺が把握しているここまでの流れ。
今後の展開もしっかり報告していきます。

とはいえ、俺が1番やりたいのは振り回されない生き方を推進する方なんで、振り回されないように取り組んでいこうと思います。
| - | comments(0) | - | 牧島竜也 |
地域自給組合「がらがらどん」 発足! 組合員募集
農薬、化学肥料や添加物を気にし始めると、なかなかスーパーでは食べたい物が買えないですね。

それに加えて、最近は放射性物質も気になります。

自然食品のお店が近くにあると助かりますが、値段が高かったり(正当な値段なんだと思いますが)、遠い所から来ていたり。 

経済的な事、環境の事を考えると、やはり自分で作るに越した事はありません。

何より、自分で作ったものは余計においしく感じられるものです。

しかし一家族で、米を作って、大豆を作って、小麦を作って・・・となると、かなり大変な作業になります。

修行のような、瞑想のような農作業も、それはそれで良いのですが、昔のように、大家族で親戚も集まってやる田植えが、やっぱり1番効率よく楽しく出来るのだろうと思います。

この度発足した地域自給組合「がらがらどん」では、みんなで楽しく自給率アップをテーマに、どこの家庭でもたくさん必要な、米や麦や大豆などを中心に、自給する物を増やしていければと思います。

現在動き始めているのは米作りチームのみですが、炭作りチーム、エネルギー自給チームも始まりそうです。

飛騨地域に住んでいる人で、興味がある人いましたら連絡下さい。

まだ細かい事は何も決めていないので、ミーティングしながら考えていきましょう。

ミーティングの日程決まり次第報告します。

気軽に参加して下さい。


興味ある方、詳細はこちらまで
牧島竜也(village)  0577(72)3988 tatsuyamaxima@hotmail.com

| DIY | comments(0) | - | 牧島竜也 |
重水素実験(核融合)に対する抗議行動 明日3/28(木)
昨日は土岐市で行われようとしている重水素実験(核融合)に対する抗議行動に行きました
県知事に意見書を渡しました
決定をするの4/10という事になっていたのですが、突然県知事は明日調印すると発表しました
我々の意見書と2万8000人の署名は全く考慮されなかったという事でしょう
明日の調印は土岐市民プラザで、核融合研究所と県知事と東濃3市の市長が集まって行われます
市役所のとなりです
ので明日12時から土岐市役所の駐車場集合で抗議行動を行ないます
プラカードや段幕など持って行って出来る限り反対の意思表示をします
平日ではありますが、タイミングが合って来られる方、集まりましょう
この後に及んで核開発など、許される事ではありません!

| - | comments(0) | - | 牧島竜也 |
思想を肉体化する  「独立民放送KUROHATA飛騨」開局
 ustreamで放送局を始めました
今のところ番組はひとつ 『独りで立って歩こう』
振り回されない生き方を探求するトーク番組
活動の計画&報告なんかもしていきます
すでに2回放送しましたが、不慣れなもんで試行錯誤
次回辺りはかなり良い感じなんじゃないかと思うのだけど

出演は俺と、高山こどものほんやピースランド店長の中神さん

第1回は音声があまりに小さすぎて聞き取れなかったようで試験放送的な感じになったので
第2回の内容をざっと

第2回のテーマは 〜思想を肉体化する〜
なんだか小難しそうなテーマではあるけれど
思想を育てると言ってもいい

中神さんは徴兵を例に出してた
徴兵されそうになった時にそれを拒否するというのは
その人がそれまでに思想をしっかり育てていたからだと言う事

その時になって色々考え始めたんじゃ遅いって事だね
自分のスタンスを出来るだけはっきりさせておく
そうすれば事が起きたときには、すぐに行動に移せる

3.11の後、俺は自分がどうすればいいのか考えた
考えて、考えて、気が滅入ったりなんかしてた
タイミングが合えばデモに参加して、シュプレヒコールを叫びながらも
これは自分がやるべき事なんだろうかと考えていたりしてた

自分がすでに始めているDIYに基づいた暮らしをひたすら前進させる事こそ
自分がやるべき事であり、それに集中していれば良いのだと思うにいたり
それと音楽で伝えるのが自分の使命だと思うようになっていた

それを考え直すきっかけになったのは新大久保で行われた在特会のデモの映像を見てから
知ってる人も多いと思うけど、在特会とは在日特権を許さない市民の会の事
簡単に言えばいんちき右翼で差別主義者の集まり
韓流ブームや竹島問題のせいもあり、そのデモの規模が大きくなっていて
内容もかなり醜悪なものになってきているとの事
「韓国人を殺せ」だの「害虫」だの、ちょっと信じられない内容のヘイトスピーチが飛び交う
その映像をみたら、これはなんとかしなきゃまずいぞと思った

そのデモに対するカウンターアクションが、すでに2つ動き出そうとしていた
ひとつはプラカード隊
「仲良くしよう」などのプラカードを持って沿道に並ぼうというアクション
もうひとつは、レイシストしばき隊
在特会がデモ終了後、コリアンタウンを練り歩き
看板にけちをつけたり、壊したりするらしく
非暴力でそれを止めるのがしばき隊の仕事

また在特会の新大久保デモがあると言うので、俺はどうしようかと考えた
考えて、考えて、結局タイミングが合わず、その日には行けなくなったんだけど
前日に新大久保に飯を食いに行った 

レイシストしばき隊
これがかなり物議を醸していた
しばき隊は余計なもめ事を起こすだけとか
プラカード隊はなんの役にも立たないとか
結局自分は何もしないという人が1番多いのだろう

後日、韓国のメディアによる、その時の新大久保デモの記事を見た
言葉は分からないけど、日章旗が翻るデモ隊の写真が何枚か
1枚はプラカード隊の写真だった
その写真があって救われた
それがあるかないかで、その記事を見た時の韓国人の印象は全然違っただろう
しばき隊も、表には出ないけどコリアンタウンの人達には心強かったのではないかと思う

俺は今回もまず悩んだ
自分はどうするべきか
その間にも、動く人はムーブメントの中心になってる
事が起こった時に反射的に動けるためにも
普段から思想を育てておく必要がある
これも違う、あれも違うと言ってる間にも、事態は進行してしまったりもする
100%正しいと思える行動が見つからなかったとしても
とりあえず動いてみる事によって見えてくるものがある

とまあそんな事を話した

あとは自給組合の報告とか
中神さんおすすめの本紹介コーナーとか

そして次回は、自分が望む世界に向けてやれる事を具体的に話し始めようかと思います

今現在、俺のスタンスとしては
1にライフスタイル 
これは答えを生きると言う事でもある 
望む世界にふさわしい人間になると言う事

2に抵抗 
言うべき事はしっかり言って、どうしても止めなきゃいけない事もある

3に選挙 
理想的な政府なんて在り得ない
そんなものおそらくは未だかつて存在しなかった
これは、余計な事をしない、出来るだけましな政府を選ぶために

1を推し進めながらも、やはり気に入らない事にはブレーキをかけつつ
国家の権力を少しずつ弱くしていくという感じ

そんな事を話してゆこうと思います

不定期だけど、時々水曜の夜に放送します
























| - | comments(0) | - | 牧島竜也 |
野鳥を食べる
朝起きると寝室の隣の部屋の床は羽毛だらけ
そこにすずめに似ているが、それよりも少し大きな鳥が横たわっていた
カミーロの仕業だ
今までにもすずめは何度も捕まえて来ているが、それはいつも俺たちが起きたらすぐに気付くような場所に、誇らし気に置いてある
俺達が喜ぶと思っているのだろう
こんな大きなサイズの鳥も捕まえられるようになったのかと感心もしたが、問題は食べずに遊んで殺すだけという事
すずめの時は部分的に食べている事はあるけれど

カミーロが捕まえて来た獲物の亡骸は、いつも俺が庭に埋葬するのだが、今回は状態が綺麗だったせいもあってか、ふと考えた。
俺の普段の家での食事は基本的に菜食だけれど、外食する機会には鳥の唐揚げとかを食べたくなって注文することがある
それなのに、この死んだばかりの鳥はただ土に埋めるだけ
本当はこれこそを食べるべきであろう

そもそもベジタリアンを心がけるきっかけになったひとつは、養鶏の仕事を手伝って、そのひどい飼われ方を目の当たりにした事だった
生き物を殺して食べるという事よりも、その生き物がどのように生きたかが問題なのだと思った
自由を尊重する者として

と言うわけで、この鳥を食べる事にした


鳥は本当に綺麗だ
自然の芸術に感心する


しかしまずはその羽根を全てむしり取る事から


羽根が無くなると真っ赤な身体


頭、羽先、足、内臓を取り除く


作ったタレに漬け込んで、七輪で焼く


なかなか美味しく頂いた
食べれる部分なんてほんの少し
だけど、命を頂いたと思った
これが食べるという事なんだと思えた

ちなみに、この鳥はホオジロ







| DIY | comments(0) | - | 牧島竜也 |
牧島竜也 2月のライブ予定
 追加情報有り次第更新します

2/12(火)友部正人 LIVE at 高山こどものほんやピースランド
       オープニングアクトです
       start 19:00   前売り 3000円  当日 3500円  ドリンク付き 定員 30名
       問い合わせ 0577-34-5356(ピースランド)

  
16(土)at 梅ヶ丘リンキーディンクスタジオ
       start 19:00   チケット1000円  定員 25名
       w/吉野ユキコ、LIFE IS WATER、DJ 村井志土
       
       この日はマンドリンの上田真寿夫、ギターの山下道生と共にPigs in a straw house
       で演奏します


17(日)at 藤沢フリーカルチャー
     open 17:00  start 17:30    チャージ 500円
     出演者は6組 詳細不明


18(月)at 野毛ボーダーライン
     start 20:00  テーブルチャージ 500円  ライブは投げ銭制です
     w/ヤク


20(水)at 平塚ハッピーマウンテンバー
     open 19:00   start 20:00   投げ銭制 要ワンオーダー
     w/Tosh

     
     と言う訳で今月は関東です
     よろしくお願いします
       
| ライブ・スケジュール | comments(0) | - | 牧島竜也 |