最後のピースに火をつけろ
飛騨在住 ゲストハウス”village" 百姓アナーキスト 牧島竜也の日記


ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS


09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
<< 教育を学ぶ旅 後編 | main | 小さな暮らしのマーケット 2015 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | スポンサードリンク |
灯学園(あかりがくえん) 概要
学校を始めるので生徒を募集します。
説明会なども開いて、7~9月頃には開校したいと思っていますが、興味のある方は、気軽に直接連絡下さい。
以下の内容については、変更や追加事項などがあったら随時更新するので、時々チェックしてみて下さい。 





灯学園(あかりがくえん)

 

 

生き方を創造する学校

 

基本理念は、子ども達を信頼し、自主性を尊重すると言う事、何よりも大切なのは、子ども達が幸せであると言う事です。

幅広い年齢の子ども達とスタッフが一緒にミーティングを重ね、協力し合って運営をしていく事によって、共に生きる事を楽しみ、異なる価値観を理解しながら話し合う力や、自分の思いを形にしていく力を養います。

出来るだけ圧力の無い環境で、好奇心に突き動かされるに任せ、やりたいと思う事があったらまずはとにかく始める事が大切だと考えます。 その中で実際に必要な知識や技術が見えて来ます。 その時に生徒達の必要に応える教えを与え、サポートしたいと思います。

自分の意志で行動出来る力と、多様性を受け入れられる心を育み、それぞれの個性に合った生き方、暮らし方を創造しながら、生きて行くために本当に重要な物を発見する事が出来ればと思います。

大人は自分の知識や価値観を押し付ける事によって、子ども達の興味や無限の可能性を奪ってしまう事が多々ありますが、子ども達は大人の知らない方法で、それぞれの幸せを掴むのかもしれないのです。

大人がしてあげられる最良の事は、それを邪魔しないと言う事なのだと思います。

新しい時代の子ども達が、その創造力で世界を切り拓いてゆくのを見届けてみませんか?

そして、大人も負けずに共に学びましょう。

灯学園は、子どもと親とスタッフが一緒になって創る、かっこよくて、かわいくて、素敵な学校を目指します。

 

 

学びについて

 

カリキュラムやテストはありません。 評価にとらわれず、好きな時に好きなだけ学ぶ事が出来ます。 子ども達が自主的に学びたくなった時に、スタッフも一緒に一番効率の良い方法を探して学び始めます。 基本的には独学と、異学年ミックスの学び合いですが、出来る限りスタッフもサポートします。 子ども達の要望に応じて、必要な場合には学校外部から、専門的な知識のある講師を招きクラスが開かれます。

学び合いに関しては、心理学的な見地からも、とても効果があると言われていています。 誰かの役に立ちたいのは人間の本能です。 お互い学んだ事がしっかり頭に入るだけでなく、頼られ、教える側になる事は自信にも繋がります。 

世界的に見ても、覚える教育ではない考える教育、発想力を育む教育というのが常識になりつつあるようです。 未だに教師の話を聞くだけという授業は、東アジアだけの特殊な物になっているという話も聞きます。 知識やスキルの習得が目標になると、応用や創造性が利かなくなります。 日本でも、社会に上手に適応出来ず、精神的に参ってしまう若者が増えているようですが、それも無関係ではないのかもしれません。 

自発的に学び始める場合には目的がはっきりしています。 大学に行くにしても、ビジネスの世界でも、なぜ自分がそれをやるのかを自分でしっかりと理解して行動するのに慣れていると言う事はとても重要です。 

時間割はほとんどありませんが、体験実習があり、この時間は田植え、稲刈りや家畜の世話、大工仕事などの他、時には様々な分野の専門家を招いて、みんなで一緒に幅広い体験が出来る時間になります。 様々な事に興味を持ち、挑戦し、学び、社会に出る前に挫折も経験し、本当に自分が大切にしたい物を発見する事が出来ればと思います。

灯学園のような学校はまだまだ多くはありませんが、今後、新しい時代の教育の選択肢のひとつとして広まって行く事と信じています。 

なので、学校に行きたくなくなってしまった子が今まで通っていた学校に戻れるようにするための矯正施設ではなく、むしろその子の思いと感受性を尊重し、独自性を伸ばして行く新しい学びの場です。

 

 

運営について

 

子ども達が運営に関わっていくという事も、この学校の特徴です。

子ども達とスタッフで週に一度行なわれる運営に関するミーティングは、実践的な学びの機会にもなります。 そこでは、学校のルールや、予算の使い方、それぞれがやりたい事などを話し合います。 学校内で起きた問題も、そこでみんなで話し合って解決します。

このミーティングの中で子ども達は自分の思いを叶えるために、やりたい事と、それに必要な費用などをみんなに伝えます。 上手にプレゼンして理解を得る事が出来れば、新しいプロジェクトが始まる事になります。

親とスタッフによるミーティングも定期的に行います。 この学校の運営は、親の理解がとても重要になるので、不安に思う事もあると思いますが、じっくり話し合って一緒に解決して行きたいと思います。



展望について

 

灯学園はこれからの学校です。スタッフと、集まって来る子ども達と、その親達によって創られて行きます。 創造は人間の生きる喜びです。

将来的には100人規模の学校を考えているので、校舎も探す必要がありますが、それもみんなで話し合って検討していきたいと思います。

今現在自分が見ている世界がどんな状況であれ、誰にでも、どこへでも、行ける道はあります。 しかし暗闇の中、道が見えずに身動きが取れなくなってしまう人もいます。 そんな時、夜の海を照らし導く灯台のように、灯学園の子ども達が輝いている姿を思い描いています。

 

 

入学について

 

対象年齢は6〜19歳ですが、募集は6〜15歳です。

自分の身の回りの事が自分で出来る事、親子共に学校の方針を理解している事、本人が通いたいと思っている事が条件となります。

入学を希望する方のための説明会や、話し合う機会も設けます。

開校日は月曜日〜木曜日、9:00〜15:30の予定ですが、時間はミーティングによって変更される可能性もあります。

 

入学金 20000円(初年度のみ)

月謝  20000円

 

給食にするか弁当にするかは検討中です。上記の料金は弁当持参で、週1回給食という案の場合です。 教材費などは含まれています。

出席日数に関わらず、退学しない限りは月謝がかかります

 

所在地は高山市国府町宮地ですが、人数が増えたら別の校舎に移る予定です。 

 

 

連絡先 牧島竜也 village) 

      電話  0577 72 3988   携帯 090 8453 0566

     e-mail.  tatsuyamaxima@hotmail.com 

スポンサーサイト
| - | - | - | スポンサードリンク |