最後のピースに火をつけろ
飛騨在住 ゲストハウス”village" 百姓アナーキスト 牧島竜也の日記


ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS


05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
<< viva FIDEL! 〜マーケットの報告など | main | 夢とロマンと >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | スポンサードリンク |
ありがとう
 今日は夏の終わりを感じさせる涼しい1日だった
夜には祭りの練習があった
氏神様である荒城神社の祭りは9月7日
早いものでもう4回目
笛もだいぶ吹けるようになった
これから先も、当たり前のように、こうやって毎年ここでこの祭りを迎えるんだ
昨日は地元国府町の花火大会があったんだけど、俺こんなところで何やってんだろうって(別に悪い意味じゃなく)なんだか不思議な気持ちになった
あさこちゃんと初めて食事に行った日から6年(冷やし中華を食べに行った)
もう飛騨で一緒にいる時間の方が長い!
何の縁もゆかりも無いこの場所で暮らし始めたけど、いまやここにいるのが、俺にとって1番自然な事
もしかしたら縁もゆかりも無い訳じゃないのかもしれないけどね
俺の記憶に無いだけで

なんかこの文章を書いていたら、まだ4年目かって気分になってきたな
それくらいこの場所はしっくり来てるから
時間なんてのはそんなもんで、伸びたり縮んだり、あるような無いような、そんなもんだね

田畑もこっちに来て4年目
その前の鴨川にいた時を合わせれば5年目
別に何かがすごく上手になったりしたわけではないけど、今ではこの暮らしが自分にとって自然になっていて、これから先も基本的にはこんな暮らしが続いていくのだと思う

そんな中で、この夏はたくさんのお客さんがvillageに遊びに来てる
関東の友達もたくさん来てくれて、遠いのに
しかも2度目だったり、3度目だったり
しみじみ友達っていいなーなんて思った
こんな所まで会いにきてくれるんだからさ
ありがとう

ありがたいと言えば、日々の暮らし
感謝の気持ちを忘れてしまわないようにしたいものです
この場所、この家、いつもサポートしてくれる家族
俺たちの事を気にかけてくれている近所の人達
田畑の収穫物、山、川
一緒に旅を続け、いつも俺を支えてくれるあさこちゃん
いつでも俺を微笑ましい気持ちにしてくれるカミーロ
こんなにも素敵な人達や、環境に恵まれて、幸せ者です
ありがとう

必要な物事は全て与えられている
不満なんて言ってたら罰があたる

この感謝の気持ちを忘れずにいれば、いつだって俺は幸せな気持ちでいられる
この世界で何が起ころうとも









| - | comments(0) | - | 牧島竜也 |
スポンサーサイト
| - | - | - | スポンサードリンク |