最後のピースに火をつけろ
飛騨在住 ゲストハウス”village" 百姓アナーキスト 牧島竜也の日記


ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS


08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | スポンサードリンク |
キッチンの主力は調理用ロケットストーブ

ガスの契約を解除して大活躍しているのは昨年末から我が家のキッチンに導入された調理用ロケットストーブ
最近はかなり浸透してきているけど、知らない人の為にちょっと説明します

まず、なんでロケットストーブと言われているかというと、燃える時にゴーっと音をたてて勢い良く燃えるからです
とても燃焼効率が良いので、良く燃え始めれば煙もあまり出ないし、すすもほとんど出ません
なので煙突は無いのですが、我が家では屋内で使用しています
最初は煙が出るので、気密性の高い綺麗なキッチンではちょっと使えないですけどね

我が家のキッチンにはかまどが有るのですが、使い勝手が良くなかったのでそれを利用して作りました
構造はいたってシンプル
円筒形のオイル缶の中にJの字に煙突が組んであって、煙突の周りには断熱材としてパーライトという園芸用の軽石みたいなのが入ってます
Jの字の短い方が焚き口です
細い薪を縦に入れて燃やします
すると不思議な事に焚き口から炎は出ずに、煙突の長い方に引き込まれてゆくのです


煤がたまった時はここから引き出せるようになっています
この部分は壊れた雨どいを使ってます


これは焚き口45度バージョン
形はまだ試行錯誤中ですが、基本的にはエネルギーを無駄なく使い切るので、煙も煤もほとんど出ず、薪も少量で済む訳です
というわけで、現在キッチンにおける主戦力となっています

今の時期は暖房用薪ストーブが常に燃えているので、鍋や煮物などは暖房用ストーブの上で調理しています
常にお湯を沸かしておいて、洗い物にはそれを使えるので、瞬間湯沸かし器もキッチンから消えました


我が家はラッキーな事に風呂が薪で湧かせるので、プロパンガスを使っているのは調理だけだった訳です
これからは出来るだけ薪
必要な分は自分でボンベ持って買いに行くスタイルにします
その方が自分で使っているガスの量を把握出来るし、基本使用料が無いってのは嬉しいですよね

ただし備える薪の量は更に増えますが・・・









| アナーキズム | comments(0) | - | 牧島竜也 |
国は自立した人間を恐れている 〜農地の事

田舎に移住して自給自足的な暮らしを始める人がたくさんいる
3.11以降はまた急激に増えている
高山にもずいぶん来た
地方都市に移り住む人もいるけど、多くは田舎に住んで新しい生活スタイルを模索している

そこで知った人も多いと思うけど、田畑をやるにあたっておかしな決まりがある
それは、農業者以外の人は田畑の貸し借りや、売買が出来ないという事
農業者として認められるには、5反以上の耕作面積が必要
1反というのはだいたい300坪なので、約1500坪
これはかなり広い

例えば米
うちの場合、1反弱の田んぼをやってるけど、おそらくその広さで4人家族の1年分の米が作れる
そして野菜
小麦、大豆、蕎麦まで自給するにしても2反あれば充分だろう
これでも3反
5反というのは出荷するほど作らない限り、とてもやりきれない広さ

要するに自給自足の為になんて農地は使わせないよという事
まあ結局みんな借りれてはいるんだけど、それは闇でという事
正式にはだめな事になってる
今後はもっと田畑が気軽に使えなくなるかもしれない

国は自立した人間が恐いのか?
自立した人間は操れないからね
システムから外れて生きる人間は

とにかく農業に関しては、聞けば聞くほどおかしな決まりが多い
職業農家はますます厳しい状況に追い込まれてる
近所の人も「これでTPPなんかに参加する事になったら、この辺りの農家はみんな首をくくらなくちゃいけない」って言ってた

一揆が起こるぞ 本当に
と言っても平均年齢的に厳しいかな

さて食の事、農の事
これは何事にも振り回されない生き方をするにあたって、かなり重要なポイントになってくる

世の中を支配している食の仕組みがある
俺達が、食とどう向き合うか
これは世界を動かすよ





| アナーキズム | comments(0) | - | 牧島竜也 |
国家の廃止〜資本主義から抜け出そう 
 俺はアナーキストだから、最終的には国家の廃止を望んでいる
必要なくなるというのが1番良い
そもそも国家というのは支配者が居て、被支配者が居る
どうやって支配するのかが国家体制という事になる

資本主義国家は民主主義をうたっているけど、そこで言う民主主義は選挙があるってだけの事
それが最大の権利であって、みんなが平等だと思い込ませてる
だけど実際政治家なんて資本主義国家では大した力を持っていない
選挙権を与えて、民衆ひとりひとりが国を作ってるかのように思わせているだけだ

資本主義というのは完全にピラミッド型の支配構造じゃなきゃ成り立たないわけで、奴隷のように支配される人間がいるのが前提の仕組み
その仕組みの中で生きるなら、永遠に競争させられる
支配者はそれを笑って見てる
いくら必死に競争したって、ピラミッドの下のほうで順番が入れ替わってるだけ
いっけん自由で民主的
支配されている事に気付きにくい分たちが悪い

気付いちゃったら抜け出すまでだ

「色々と恩恵も受けてるし・・・」なんて罪悪感は要らないよ
ずっと利用されて来てるんだから

「金が必要無いって言うの?」と聞く人がいるけどそうじゃない
俺が抜け出そうって言ってるのは資本主義であって、経済至上主義
人の命も置き去りにする仕組み
交換手段の便利な道具としてのお金はあったっていい
金その物に価値がある訳じゃないって事が分かってればいいんだと思う

「共産主義がいいの?」と聞く人がいる
違うよ 
今ある仕組みから選ぶんじゃない
完全にオリジナルな自分の仕組みで生きるんだよ
でもどうやって?
まずはもう自分は抜け出したと思う事から始めたらどうだろう
抜け出したけど、古い仕組みをうまく使いながらまったく新しい自分の仕組みに移行している最中なんだと思ってみては?
で、少しずつやってこう
楽しいでしょ?

実際何が出来るのか
アナーキズムの実践についてはこれから少しづつ提案していってみる事にする

やろうよ



| アナーキズム | comments(3) | - | 牧島竜也 |
振り回されない生き方 〜アナーキズムは自由の探求〜

この間の総選挙で落胆している人も多いかと思われる今
改めてアナーキズムについての話をしたいと思う

不正があったのではないかと言う話もあるけど 俺はあんまり盛り上がれない
話を聞いているとたしかに怪しいんだけど 保守ブームな事も間違い無いでしょ
その保守ブームを作る事だって簡単 
朝鮮や中国との緊迫したムードを盛り上げたり 景気を操作したりすりゃあいいんだから
それで思うつぼ

そもそも資本主義と その為の政治が不正じゃなかった事なんて無い
俺たちが作った仕組みじゃないからさ そう簡単に俺たちの思い通りにはならないよ
奴らの手の上で暴れてみたってさ

それに 選挙で政権が変わって 俺たちの暮らしが変わって めでたし めでたし
なんて想像出来る?
俺は出来ないな
想像できない事はきっと実現しないと思う

明るい未来なら想像出来てる
これからもあさこちゃんとカミーロと一緒にたくさん旅をして
好きなことばっかやって 車はゴルフに乗って 
カタルーニャの田舎で畑をやってたりとか
どんどん想像は広がるし 実現すると思える
もちろん理想はどんどん変わっていくだろうけどね

今の生活だって想像していた通り
田舎に暮らして 田畑をやって ギターを積んでたくさん旅をして
金の事を想像してなかったからいつも金欠だけど
思い通りにはなってるわけだ

けど想像した世界に連れて行ってくれるのは政治じゃない
政治が幸せにしてくれるわけじゃない
基本的に幸せというのも心の在り方だしね

投票に行く時 政治家への期待は
サポートしてくれたらありがたいな位に思っておいた方がいい

先日温泉に行って サウナルームでニュースを見てたら(うちにはテレビ無いからね)
街頭インタビューをしてて
質問は「2013年どんな年にしたいですか?」だったと思うんだけど
何人もの人が「景気が回復して生活が良くなるといいな」みたいな事を言ってた
そんな振り回されっぱなしの生き方でいいのかね
自分の幸せが景気で決まるのかい? 問題あるでしょ

景気がどうであれ 政治がどうであれ 幸せでいたいよね
仕組みはそれぞれが完璧に自由に自分の形で作ろう
その支配からの卒業!(別に尾崎信奉者ではありませんが)

アナーキズムというと 恐いイメージがある人もいるかもしれないけど
そもそもは 本当の自由とはなんなのかという事
それでアンチ支配という事になるわけです

アナーキズムは自由の探求!
楽しく進めて行きましょう












| アナーキズム | comments(0) | - | 牧島竜也 |